アダルト独占記事 ラブマーケティング

男が憧れる体位、駅弁の魅力

駅弁をしている光景 男性が一度は行ってみたい体位、駅弁。
駅弁とは女性の体を持ち上げながらセックスをする体位で、男性には力が求められます。
そんな体位を行う男性の心理は
「頼られたい」「カッコいいと思われたい」
「褒められたい」「認められたい」など意地やプライドがあったり、
負けず嫌いの男性が好む体位です。
また駅弁を行う中で、男性は自分だけが快楽を得るために腰を振る事しか考えておらず、
激しいセックスをする男性が非常に多いです。
なので、今回は駅弁を行う中で正しい駅弁の方法を説明しますので参考程度にお読みください。

正しい駅弁のやり方

駅弁を行った男性に駅弁の感想を聞くと、
一番多かったのが、「疲れた」という言葉でした。
そんな駅弁で一番の原因となっているのが、
「男性が不安定になる」という事です。
また、それと同時で女性側にも力んでしまうのが問題で、
駅弁はきちんとした体勢で行えば力を使わなくて済みます。
そこで一番注意するポイントが「女性の頭が男性の体から離れた状態」になる事にあります。
この体勢になると男性にも女性にも負担がかかり手と腰が相当疲れます。
それを回避するためには「男女の首をくっつける」事です。
これだと力を使わずに楽しく駅弁を行う事ができます。

慣れたら快楽は倍に?

駅弁でもいい所は女性の腰が下がり自然と突かれる所にあります。
更に足の広げ具合や、挿入角度が変わり、
女性が疲れて気持ち良い場所を突く事ができます。
また深い挿入が好きな女性にも駅弁はオススメで、
割とペニスが小さい男性でも駅弁をする事で奥まで深く挿入できます。
女性は奥に挿入される事で子宮をゴリゴリ刺激されるので、
これまで体験した事がない快感を味わう事ができます。
【まとめ】
最後に駅弁とは非常にアクロバティックな体位なので、
まだ経験した事がない女性は不安があるでしょう。
しかし、そんな時に男性が疲れない駅弁をする事で、女性も駅弁が好きになりますので、
今回説明した駅弁を実践して気持ち良くなりましょう。